Linear(リニア)とは?
ULTRAcel Q+に装着可能な医療ハイフの新技術
Linear(リニア)は、世界で唯一(※2020年10月時点)、二重アゴや二の腕などの脂肪溶解(脂肪減少)を主目的として開発した医療ハイフの新技術。ULTRAcel Q+(ウルトラセルQプラス)に装着可能なカートリッジで、医療ハイフの可能性を広げます。

たるみや皮下脂肪の増加により顎(あご)周りの輪郭がぼやけてしまっても、皮下脂肪が減れば、たるみもかなり改善されます。 ULTRAcel Q+のリニアカートリッジ 4.5mmでは、皮下脂肪をHIFU(ハイフ)による熱作用で溶解し、顎(あご)周りのボリュームを減少させるための医療用HIFU(ハイフ)のオプションです。施術により脂肪細胞は熱作用で破壊溶解され、個人差はありますが代謝により1~3ヶ月かけて体外へ排出されます。
カートリッジの違い
ドットカートリッジと速度比較で2倍以上の高速化
リニアカートリッジは最適化を追求し、新たに1shotで4.5倍もの広範囲にエネルギーを広げるLinear(線)での照射方式を開発。
これにより、ドットカートリッジと速度比較でも2倍以上の高速化を実現しました。
ドットカートリッジについて
ULTRAcel Q+のドットで照射するカートリッジでは、引き締めとリフトアップが通常効果です。
最高温度65℃とやや高温でHIFU(ハイフ)のエネルギーは、表情筋膜に到達しますが、周囲への熱の波及は少なく、熱は表情筋膜に留まることで引き締めとリフトアップ効果を発揮します。
リニアカートリッジについて
リニアで照射するカートリッジでは、皮下脂肪の減少に特化した効果があります。
最高温度はドット照射と比べ若干低めの58℃ですが、表情筋膜を中心に三次元的に熱を加えることが出来ます。
それにより、表情筋の上層に存在する皮下脂肪層の脂肪を効率よく溶解することを目的としています。